空きスペースに分散型データセンターを誘致することができるサービス「Space Income(スペースインカム)」

Space Incomeの概要

スペースインカム(Space Income)は、空き家やデッドスペースのオーナー様と分散型データセンター事業者のマッチングサービスです。これまで収益化できなかったスペースや窓のない部屋、狭い空間でも貸し出すことができます。狭い空間を最大限活かし、最小コストで新しくデータセンターとして活用することで、ロボット、AI、5G、IoT時代に必要な設備として機能させます。

オーナー様がおこなう設備投資はありません。無料でご登録いただけます。設置の際には、当社とオーナー様で年単位の賃貸借契約を結びます。そのため、一時的なスペースシェアよりも安定的に賃料収入が期待できます。なお、設備の設置、運用、物件管理は全て当社およびデータセンター事業者でおこないますので、お任せください。

【必要条件】
NTTの光回線が使えること(新しく光回線を引き込めること)
電力が確保できること
防犯ができること(現地調査の際に確認いたします)
浸水しない室内であること

【望ましい条件】
電源が多数確保できること
使用可能な電力容量が大きいこと
耐震性・耐火性のある建物であること
1坪以上のスペースであること
災害リスクの低い地域であること

詳しくは、https://spaceincome.jpをご覧ください。

Space Incomeの特徴

安定的な家賃収入
一般的なスペースシェアリングビジネスは一時利用や短期使用が多く、何回転もまわす必要があります。スペースインカムは通常の賃貸借契約と同様、長期的な年単位の契約のため安定的な賃料収入となります。

オーナーの設備投資は不要
不動産情報を無料登録しておくだけで完了です。不要なデッドスペースが生活に役立つエッジデータセンター施設に生まれ変わる機会を得られます。機器の搬入、設置、運用、管理はすベて弊社とエッジデータセンター事業者で行います。

不動産を収益性から再評価
エッジデータセンターとして運用する際に、最も大切なことは電気設備とインターネット回線です。住居として使用しづらい空間でもエッジデータセンターとして新しく活用することで、不動産の価値を見直し、再評価します。

ご利用料金

スペースの登録、マッチング手数料は無料

ご利用の流れ

1.物件情報の登録
お申し込み画面で物件情報を登録すると、当社の物件リストに掲載されます。掲載情報を見た分散型データセンター事業者から、設置のオファーが届きます。登録された物件に関して、当社からオーナー様にご連絡いたします。

2.現地調査と契約
オファーを受けた後、当社が現地確認・調査をします。電気設備、ネット回線、その他の設備に関して、簡単な工事が必要か判断いたします。工事の開始、引き渡し時期をご相談後、当社とオーナー様の間で賃貸借契約を締結します。

3.データセンターの設置
当社は、データセンター事業者と転貸契約を締結します。データセンター事業者が機械を設置に伺います。オーナー様がご希望であれば、当社が家賃の支払いや物件情報の管理をブロックチェーンで安全に自動化します。家賃は暗号資産で貯金しておくことも可能です。

Space IncomeのURL

https://spaceincome.jp

運営会社

社名株式会社Zofuku(ゾウフク)
住所東京都文京区本郷三丁目38−1 本郷信徳ビル7F
代表新倉康明
URLhttp://zofuku.com/

関連のWEBサービス

  1. 引越しに伴う住所変更手続きを代行する「引っ越しDone」

  2. 不動産会社とお客様を結ぶチャットサービス Atlicu(アトリク)

  3. 仲介手数料不要で不動産を購入できる、不動産のフリマサイト FLIE(フリエ)

  4. ニュース・SNS・動画から自動で記事を収集する建築特化のキュレーションメディア「BAUES」

  5. 条件に合うシェアオフィスやコワーキングを簡単に探せる「JUST FIT OFFICE(ジャストインオ…

  6. 「駐輪場所を貸したい人」をつなぐ駐輪場シェアサービス Charippa (ちゃりっぱ)

  7. クラウド型マンスリーマンション管理ツール マンスリーエンジン

  8. 自宅にいながらパソコンやスマホからプロの建築家に間取り図作成を簡単に依頼できるサービス「madree…

  9. スペースを貸し出すための予約サイトを無料で作成できるWEBサービス「upnow(アップナウ)」

最新のWEBサービス

PAGE TOP