起業家に大切なコミュニケーションとは?

起業家に大切なコミュニケーションとは?

相手の話に耳を傾けれる起業家になろう

コミュニケーションはビジネスの差別化にもなり、基本中の基本でもあります。起業家の多くは、自分が好きで自分の話ばかりしてしまいます。特にビジネス経験の薄い人などはこの傾向が多く見られます。相手はあなたのことに興味があるわけではありません。相手の話に耳を傾けれる起業家を目指しましょう。

皆さんが起業したあとの全ての意思決定、ミーティングなどの目的は、相手にどれだけ役に立つかにあります。あなたのミーティングの目的は相手の人に好かれることですので、相手の話をよく聞きましょう。一方的にあなたの話ばかりをしても良い印象をもたれることは少ないでしょう。

話し下手でも問題ありません

営業系の本にもよく書いていますが、いわゆる話のうまさ(うまく話すことができること)は営業数字に関係はしないでしょう。むしろうまく話せること以上に、気持ちを持って話すことができるか?のほうが断然大切です。

つまり、どのくらい自分のやっていることを理解し、自分のやっていることに対して誇りを持っているのかということです。どれだけ自分のやっていることを誇りに思い情熱的に話せるかが大切です。

本当の意味での人脈とは

人脈がないとか、人脈がほしいという人に多く会いますが、このような発想の時点で間違いです。なぜなら人脈というのはあなたの信頼のもと形成されているためです。

ただその人を知っているとなっても全く意味はありませんよね?あなたが誰かのリソースを借りることができるのは、その誰かにとっては、あなたに力を貸してもよいと思うからです。これはただ知っているという関係では絶対に無理です。

この関係にあっても、あなたがその誰かに役に立っているからこそ、その誰かはあなたのために力を貸してくれるわけです。あなたは誰かに対して役に立つことはできますか?またその気持ちをしっかりと持っているでしょうか?あなたの言っている人脈では、恐らく問題は解決しませんし、現実は何も変わりません。

また、人脈=知っている人の数では決してありません。どれだけあなたの相談に対して、実行力を持って力を貸してくれる人がいるのか?です。

一瞬で人間関係を築く極意

人は人生経験を共有してくれる人なら誰とでも人間関係を作ると言われています。人は自分の正しさを確認したいと思っているため、ほんの少しでも共通点が見つかれば、心の扉は開かれやすいです。つまり、共通点が人間関係の鍵とな流のです。

生まれた都道府県が同じだったり、共通の友人がいたりすると、急に打ち解けることはよくあります。これは、「人生経験の共有」によるものです。不思議なものでそれだけで親近感を感じてしまいます。

無意識のうちに相手の心を開くテクニックとして、“相手の姿勢、ジェスチャー、話し方・話すテンポをまねし、相づちを打って話しを聞く”というものがあります。

最新のWEBサービス

  1. 全国の天気・気温に合わせた服装コーディネートを検索…
  2. 最先端のAI・RPA技術を活用した問い合わせ自動送…
  3. 様々なデザイナーからレビューが受けられるツール「f…
  4. 国内にいながら海外調査が行えるサービス「在留外国人…
  5. 日本で働きたい外国人労働者向けの採用マッチング サ…
PAGE TOP